新品種紹介

                                    山口県光市   矢野芳春

新品種登録認定制度は、日本ツバキ協会が、日本で育成されたツバキ、サザンカおよび近縁のツバキ類園芸品種の
名称を整理し、新品種の名称登録制度を確立するために平成24年4月に制定をしました。

 ツバキに普及活動の一環として、こうした取り組みに参加をすることで、ツバキに対する愛着や興味を増すことに繋がる
のではないかと思います。

私も、この制度に大いに賛成し、積極的に参加をしてきました。平成24年の発足以降平成29年3月までに新花登録は全体
で50品種にも達しております。その中で私が登録申請をして認定された品種を紹介して行きたいと思います。

 

日本ツバキ協会新品種登録認定品種                                          

                                                                     

                                                                                             H29.3.31

番号

品種名

申請年

表彰場所

審査番号

認定番号

1

芳秋華

2013

沖縄

2013-12

新品種認定12号

2

光の栄

2013

沖縄

2013-13

新品種認定13号

3

芳春白

2015

男鹿(欠席)

2015-01

新品種認定24号

4

故郷の華

2015

男鹿(欠席)

2015-05

新品種認定28号

5

春紅

2016

与謝野

2016-09

新品種認定38号

6

束藤

2016

与謝野

2016-10

新品種認定39号

7

藤公の光

2016

与謝野

2016-12

新品種認定41号

8

初冬絞り

2017

野々市

2017-07

新品種認定50号

9

高台白

2017

野々市

2017-08

新品種認定51号

10

明日の夢

2017

野々市

2017-09

新品種認定52号

 

 

品種:芳秋華(ほうしゅうか) housyuuka
 

特徴としては

①秋咲品種である。②一重  ③中輪

④花弁の先が尖り、先端が外に開くように曲がる
形状である。

⑤園芸品種「桃雀」の種子を数個播種し選抜品で
自然実生として誕生。花付良好

 
 ②品種: 光の栄(ひかりのさかえ) hikarinosakae 
   

特徴としては

①秋咲品種である。②半八重の抱え咲  ③中輪

    花弁が整い、見た目にバランスが良い

    ④   園芸品種「菊月」の自然実生品種で早咲。

  ③品種:芳春白(ほうしゅんはく) houshunhaku
   

特徴としては

①初冬から開花し、初嵐、白玉とよりやや遅く開花。

②一重  ③中輪

   開花時は、抱え咲きで茶花の席でも栄える。

⑤  園芸品種「菊月」の自然実生品種で昭和61年
に初花。原木は幹回り40センチメートルまで成長
 ④品種:故郷の華(こきょうのはな) kokyounohana 
   

特徴としては

①3月咲で、花持ちもよく、型崩れしないところがよい。

②赤色の白覆輪・八重咲  ③中輪

④花弁は整然として円形に開花する。

⑤園芸品種「羽衣×玉之浦」交配品種

⑥開花期間は長めである。

 ⑤品種:束藤(つかふじ) tsukafuji  
   

特徴としては

2月から開花し、清楚なラッパ咲。

②赤桃色・一重  ③小~中輪

花付は非常に良い。

 自然実生品種で接ぎ木用台木として育てた
苗木の選抜種

 ⑥品種:春紅(はるくれない) harukurenai 
   

特徴としては

①小輪で花全体が唐子咲となること。

②赤色の唐子咲 ③小輪

    園芸品種「紅妙蓮寺×卜伴」交配品種

 ⑦品種:藤公の光(とうこうのひかり)toukounohikari 
   

特徴としては

①八重咲で深めの白覆輪が安定している。

②赤色に白覆輪 ③中輪 ④蕾はやや丸い⑤早咲

    類似品種については、玉之浦交配種は沢山ありますが、
花形、芯が安定していている点は分類が出来る。

    園芸品種「岩根絞り×玉之浦」交配品種

 ⑧品種:初冬絞り(しょとうしぼり)syotousibori 
 

特徴としては

10月から開花し、椿の開花の走りになっている。

②薄い桃色地に吹きかけ絞り ③中輪・抱え咲 
④蕾はやや丸い⑤早咲

⑥自然実生品種で接ぎ木用の台木として育てた
苗木から選抜。

 
 品種:高台白(こうだいしろ)koudaisiro 
   

特徴としては

11月から開花し、筒芯全体が薄い黄色である。

②蕾時は淡い桃色に見えるが開花すると純白 
③中輪・ラッパ咲 

④蕾はやや丸い⑤早咲

⑥自然実生品種で接ぎ木用の台木として育てた
苗木から選抜。

 

 品種:明日の夢(あしたのゆめ)asitanoyume 
   

特徴としては

①早春咲で、平開咲となるが花弁もしっかりしている。

②桃色の一重 ③小輪・平開咲 ④樹勢がしっかりしている 

園芸品種「夢」の種子を数個播種し育てたものの選抜種

 

 

以上10種を紹介しましたが、目的をもって交配したものでも納得のいかないような花形だったり木姿であったりします。しかし
、自然に結実したものでも、十分に観賞価値のあるものも出てきます。

ツバキの実生(新花の作出)は播種して発芽し、それから早くて3年、遅ければ10年近く開花までかかります。花が咲いても、
その花の良否を判断し、花が安定するまでにも時間が必要であります。気長に待つことも大事であろうと思います。

 日本ツバキ協会が新種の取り組みに着手され、椿愛好家もこの取り組みに賛同し多くの新種が後世に残っていくようになれば
素晴らしいことと思います。

 私もこれから新しい花に出会えることを楽しみにしながらツバキの実生を続けようと思っています。

                                                     以上