Kビジョン On The Web
コミュニティチャンネル/デジタル12ch・アナログ11ch
Kビジョンスペシャル

2016年8月8日(月)~ NHKスペシャル「少女たちの戦争~197枚の学級絵日誌~」、「えほんでつたえるげんばく」

2016年8月8日(月)~8月14日(日) 放送
NHKスペシャル「少女たちの戦争~197枚の学級絵日誌~」、「えほんでつたえるげんばく」

■NHKスペシャル「少女たちの戦争~197枚の学級絵日誌~」
滋賀県大津市に、太平洋戦争末期の1年間小学5年生の少女たちが書き続けた絵日誌が残っている。この絵日誌が今、銃後の戦争を知る貴重な資料として、海外の大学の研究者から注目を集めている。日誌が描かれ始めたのは昭和19年4月。「感じたことをそのまま書きなさい」と若い女性教師の指導の下、日々の学校生活や友人関係、家族のことが瑞々しく綴られた。ところが秋を過ぎると、少女たちは感じたことを書けなくなっていく。町に次々と届く戦死者の報せ、出没する米軍機。他人の前では感情を押し殺し矛盾した行動を繰り返す大人たちの不可解な姿。ヒタヒタと迫ってくる戦争の影は、農村の小学校の1学級も覆っていく。
今80歳を超える元少女たちは、日誌を書き始めて70年となる2015年、改めて当時の自分たちの心の変化や大人たちの不可解な行動、そして教師が何故日誌を書かせたのか、関係者を辿って振り返ろうとしている。「自分たちの体験した戦争とは何だったのか」。彼女たちの戦争を見つめ直す軌跡に同行しながら、当時多くの地域が経験した戦争の実感・心の移ろいを見つめる。

放送 ①月~金14:30 ②毎日 深夜1:00

■「えほんでつたえるげんばく」
原爆の被害や戦争の悲惨さを、子供たちにもわかる絵本を通じて伝えてゆく番組。今回読むのは、いずれも実話をもとに創作された、原作・ 山口勇子、語り文・沼田曜一、絵・ 四國五郎の作品「おこりじぞう」と、文・奥田貞子 絵・宮本 忠夫の「ルミちゃんの赤いリボン」の2作品。 絵本を読むのは、俳優で、絵本朗読を行う「大人と子どものための読み聞かせの会」のメンバーでもある中井貴惠さん。爆心地からわずか480メートルのところにあり、被爆した西校舎の一部を平和資料館として残している広島市袋町小学校の児童たちに、読み聞かせる。

放送 ①月~金15:30 ②毎日 深夜2:00

インターネットセキュリティ
Kビジョン株式会社

〒744-0075 山口県下松市瑞穂町2-8-8
TEL/0833-44-4936 FAX/0833-44-4036
E-Mail/info-knet@kvision.ne.jp

KビジョンMAP