Kビジョン On The Web

2016年5月11日(水) 五月晴れ

使い方に注意

五月晴れ、とはよく言ったものだ。
5月の胸がすくような晴天にこいのぼりが柔らかい風に乗って泳いでいる姿を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。
しかし、五月晴れという言葉、使い方には注意が必要のようです。
というのも、「五月」[サツキ]は旧暦・陰暦の呼称で、「旧暦5月(今の6月)が梅雨のころにあたるところから、もともと「五月晴れ」は「梅雨の晴れ間」「梅雨の合間の晴天」を指していたそう。
ところが、時がたつにつれ誤って「新暦の5月の晴れ」の意味でも使われるようになり、この誤用が定着したという。
このほか、「五月」がつく言葉で、梅雨を表す「五月雨」も同じですね。
うっかり「五月晴れが気持ちいいね」なんて使ってしまいそうですよね。
ここのところ、雨が降ったり、カラッと晴れたりの繰り返しで、誤用と承知で使わせてもらうなら、「五月雨」と「五月晴れ」が交互にやってきているようです。
今年はこうしてゆるやかに梅雨に向かっていく初夏なんですかね(^^;)

担当: 吉冨

インターネットセキュリティ
Kビジョン株式会社

〒744-0075 山口県下松市瑞穂町2-8-8
TEL/0833-44-4936 FAX/0833-44-4036
E-Mail/info-knet@kvision.ne.jp

KビジョンMAP